外壁の劣化には【外壁塗装で家の寿命を伸ばす】

快適に暮らすために必要な室外工事

塗装の効果

日本では住宅の壁塗りは、江戸時代までは漆塗や渋塗によって行われていました。明治時代になると西洋諸国からペンキが輸入されるようになり、ペンキを使って塗装が行われるようになりました。 ペンキは明治時代から使用されていましたが、庶民の民家の塗装は、漆塗や渋塗などの従来からの方法で行われていました。ペンキが本格的に使用されるようになったのは、昭和時代になってからです。 戦後になると、住宅の塗装工事はペンキが中心になりました。1990年代になるとペンキの品質が向上し、遮熱塗料などの省エネ塗料が普及しました。遮熱塗料を使用すると夏の暑さを和らげることができるため、塗装工事で遮熱塗料を使用するケースが増加しました。

屋根や外壁のリフォーム工事では、塗装工事が主流になっています。屋根や外壁のペンキを塗り替えるだけで、新築の住宅のような美しさを取り戻すことができます。今後も屋根や外壁の塗装工事を行う人は増えることが予測されます。 最近の塗装工事では、遮熱塗料が使用されるケースが増えています。その背景として、異常気象による真夏日の増加や電気代の値上げなどがあります。遮熱塗料を使用することによって暑さを緩和することができ、光熱費の節約にもつながります。 最近の遮熱塗料や断熱塗料は、品質が飛躍的に向上しています。遮熱塗料を使った塗装工事は住宅だけでなく、オフィスビルや工場などでも行われています。今後も遮熱塗料を使って塗装を行うケースは増えると予測されます。

Copyright (c) 2015 外壁の劣化には【外壁塗装で家の寿命を伸ばす】 all reserved.